民泊の代行を得意とする業者に依頼しよう!

債務保証で賃貸に安心を

男の人

保証人がいない場合の備え

アパートやマンション等の賃貸住宅に入居する際、通常は連帯保証人が必要となります。この連帯保証人に選ばれるのは、親など入居者の近親であって、安定的な収入を持つ人であることが一般的です。つまり逆の言い方をすれば、このような人が身内にいない人は、賃貸住宅に入居するのが困難だということになります。しかし最近は、こうした事情にも変化が表れています。というのも、連帯保証人を立てる代わりに、賃貸保証会社を利用するケースが増えているからです。賃貸保証会社は、賃貸住宅のオーナーに対して家賃債務保証を行う会社です。入居者がオーナーに対する債務を履行しなかった場合、代位弁済を行います。つまり、通常の賃貸借契約で連帯保証人に課せられるべき役割を代行することになるわけです。

貸し手借り手双方に利点

賃貸保証会社の利用が増加してきた背景には、社会情勢の変化があります。雇用環境の流動化によって、会社員であっても長期にわたって安定した収入が維持される保証はなくなりました。また高齢の賃貸入居者の場合、年齢上の理由で身近に適任者がいないというケースも増えてきました。賃貸保証会社は、主として入居者本人の年収や資産の額といった項目について独自の審査を行い、適正と認めた者に対して保証人の役割を務めます。入居者は手数料を支払うことによって債務保証を受け、安心して賃貸生活を営むことができるようになります。一方、物件オーナーからも、債権の保全が連帯保証人方式より確実になるとして歓迎されています。入居率の低下防止に貢献するという評価も与えられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加